Official Blog

日別アーカイブ: 2021年2月17日

紫外線量について

おはようございます(^^)

スタッフ空谷です♪
昨日は紫外線について書きました(^^)
本日は紫外線量について書きたいと思います!
皆さんなんとなく、夏は紫外線が強く、冬は弱いイメージがありませんか?
はい、これは間違いではありません!
が、グラフを見てわかるように2月からどんどん紫外線量は強くなってきています!
太陽が最も近づく夏至の頃が1番ピークに強い紫外線が降り注ぎ、太陽が最も遠ざかる冬至の頃は紫外線も弱まります!
グラフの紫外線の強さは3〜5が中程度、6〜7は強いとなります!(画像お借りしました)
昨日お伝えしたUV- A波とB波を思い出してください!
UV- A波は肌の奥まで、UV-B波は肌表面にエネルギーが届くとお伝えしました!
UV-B波は、夏に比べ冬はおよそ5分の1まで減るのに対して、UV- A波は夏に比べ冬は2分の1程度と変動量が少ないのです!
なので、冬でもしっかりと紫外線対策が必要なのです!
【日内で変わる紫外線量】
1日の中でも、紫外線が強いのは午前10時〜午後2時頃です!この時間帯はしっかりと紫外線対策が必要です!日差しの弱まる朝方や夕方でもUV- A波の量は変化ありませんので、紫外線対策を心がけてください(^^)
【天候で変わる紫外線量】
紫外線は曇りや雨の日には地表に到達する量は減少します。しかし、UV AはUV Bに比べて雲による影響が少ないので注意が必要です!
薄い雲であればUV Bでも80%以上が透過すると言われています!
【場所で変わる紫外線量】
高地になるほど紫外線は強まります!
あと、紫外線の反射率によっても異なります!
新雪は約80%、砂浜は約25%を反射すると言われ、水面は約95%透過するので、水の中だからといって安心してはいけません!
夏の浜辺、冬の雪山でのレジャーでは十分な紫外線対策を取ってくださいね★
長々とお伝えしましたが、紫外線量は季節や天候、場所によって異なりますが、紫外線量がゼロになることはありません!
夏直前の紫外線対策では遅いですよー!
もう、今日から紫外線意識してみませんか?(^^)